名花協とは

名古屋生花小売商業協同組合(名花協)とは

名古屋生花小売商業共同組合は、昭和25年12月に愛知県内の生花店が 「生産・流通の発展促進」を目指し組合を発足しました。 現在は、愛知・岐阜・三重・滋賀の生花店による協同組合です。
購買部では、共同購買事業として、組合員が必要な資材等を組合がまとめて購入し、生花店で必要な資材をできるだけ安く販売しています。
総務部では、教育施設での花の教室などを行う『教育』・公共施設での花の装飾などを行う『消費拡張』・組合員に対する事業資金貸付などを行う『金融』・医療機関におけるお見舞花持込対策研究として『贈花対策』の事業を行っております。

組合の目的

本組合は、組合員の相互扶助に基づき、組合員のために、必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。
※名古屋生花小売商業協同組合 定款 第1章 総則(目的)第1条

名古屋生花小売商業協同組合では、半世紀以上の歴史と伝統のもと、生花販売の専門集団として、二つのスローガンを掲げて活動を推進しております。

即ち、

一、「組合員の組合員による組合員の為の組合」
二、「秩序のある仕入れ環境の構築」 であります。

組合員相互扶助の精神のもと、豊かなるフローラ・ライフと秩序ある販売の提案を通じて、信頼される業界の確立を目指します。

理事⾧のご挨拶

私たちの願い それはひとえに若い世代に花への興味を持ってもらうことです。
子どもの頃に花に触れた体験は、大人になっても 折に触れ、花への興味を呼び覚ますのです。
そのために花育、その授業化が花卉業界発展の大きな牽引となるのです。
花育は、音楽、図工、書道などと同じく子どもたちの情操教育に力を発揮するものと確信しています。
これから何年かかるか分かりませんが、希望を持って花育に取り組んでいきたいと思っています。

名古屋生花小売商業協同組合
理事長 粟田 薫夫

組合概要

組合名名古屋生花小売商業協同組合
代表者理事長 粟田 薫夫
設立 昭和25年12月22日
所在地名古屋市中区松原 1 丁目 9 番21号
TEL052-331-7580
FAX052-322-7402
組合員数470名(令和4年1月31日現在)
事業内容共同購買事業、教育事業、消費拡張事業、金融事業、贈花対策事業

組合沿革

昭和25年名古屋生花小売商業組合発足
昭和26年名古屋生花小売商業協同組合設立
昭和36年青年部発足
昭和41年組合会館増築完成
昭和51年組合創立25周年記念大会を挙行
昭和58年組合会館新築竣工
平成 3年 組合創立40周年記念式典開催
平成13年組合創立50周年記念式典開催
平成22年名花協ブリッジ店開設
平成23年組合創立60周年記念式典開催
令和 3年組合創立70 周年

名古屋生花小売商業協同組合のマスコットキャラクター

50 周年を記念し、組合員に公募を行い、延べ300点余りの応募の中から、専門家をお迎えし、一次審査・二次審査を行い決定しました。
愛称は FLOWER(花)・LUCKY(幸運)・HAPPY(幸せ)からなる造語で 『フラッピー』
名古屋市の花であるユリを運んでいる、かわいらしい天使の羽を持ったミツバチです。
ハチは組織的な生き物ですから、新キャラクターはそんな組織を大切にする、いつもよく働く組合員をイメージします。

協力企業一覧

© meikakyo All Rights Reserved.